みなさんこんにちは。チェスキーです。

 

11月18日の「マツコ会議」では

全世界で上位2%の超天才たちしか入れない

MENSA(メンサ)のオフ会を取材。

 

その超天才たちの遊ぶボードゲームが

ものすごく気になったので、

値段や

遊び方などを調べてまとめました!

 

また、謎の集団MENSAに関しても

調べてみました。

スポンサードリンク

超天才集団MENSA(メンサ)とは?

 

全人口の上位2%の超天才だけを集めた

謎の集団であるMENSA(メンサ)。

 

なんだか秘密結社みたいな響きなので

怪しい?なんて最初は思いましたが、

怪しさは全くなく、

純粋に超天才たちが集まった非営利団体です。

 

上位2%の超天才かどうかを判断する基準は

知能指数のIQで測ります。

 

IQと言えども、その計算方法は

いくつかあるようですが、

WAISで130以上

Stanford–Binet Intelligence Scalesでスコア132以上

Cattell Verbalでスコア148以上

とのこと。

 

これ以上のIQがないと

メンサに入会する道は絶たれます。

 

では、頭脳はクリアしたとして、

どうしたらメンサに入会できるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

メンサへの入会方法は?

 

もし、自分がものすごくIQが高かったら

是非MENSAに入りたい!と思う超天才は

どのように入会すれば良いのでしょうか?

 

MENSAに入会する道はただひとつ。

 

協会が定期的に行なっている入会試験に

合格すること!

 

こちらの試験は、日本支社でも行なっているので

スケジュールが合えば受けられるもののようです。

 

しかし全員が受かるほど簡単なものでは

ないようで、何度も受ける人もいるようです。

 

有名な会員としては、

あの脳科学者の茂木健一郎先生が

入会されています。

 

また、日本人ではやはり

東大出身者が多いようです。

 

今回のマツコ会議にも、

東大の学生さんが出演されていますね。

さすが日本一の大学です!

スポンサードリンク

 

メンサのメンバーがオフ会で遊ぶボードゲームとは?

 

そんな超天才たちが、

オフ会をすると言うので

どんな高度な遊びをしているのか

ものすごく気になりました。

 

紹介されたもので気になったのが、

なんとアナログなボードゲーム!

 

しかも「電力会社」という名前。

 

やはり超天才の遊びは

普通ではないですね。

 

なんだか難しそうだし、

どんなところが楽しいのか

気になったので、調べてみました。

スポンサードリンク

 

マツコ会議のボードゲーム電力会社の遊び方や値段は?

 

メンサのオフ会で遊ばれていたボードゲームは

 

電力会社

 

という名前で、

一見すると人生ゲームのような見た目ですね。

 

遊び方は、

まず最初に電力会社を落札し所有するところから

始まります。

 

そして、その電力会社のお金で発電所を建設し、

発電してたくさん電力を供給できることが

目標となります。

 

最後はより多くの発電所と電力供給量がある

プレーヤーが勝ちとなります。

 

気になるおねだんですが、

 

 

日本語版はこちらですね。

こちら以外にも、他の国バージョンで

拡張して遊んだりと

ハマるとすごく面白そうです!

 

頭の体操にもなりそうなゲームなので、

あそんでみたいですね!