みなさんこんにちは。チェスキーです。

 

img_7468

米倉涼子主演の「ドクターX」、みなさん見ていますか?

私は初期からのファンで、今回もばっちり見ています^^

 

img_7469

米倉涼子さんの演技もさることながら、今回から主要メンバーに加わった泉ピン子さんの存在感もさすがですね!

 

img_7457

「渡る世間は鬼ばかり」に出演していたころは、従順で努力家な役のイメージが強かったですが、最近はちょっと癖のある意地悪な役もされることが増えましたね。

 

「泉ピン子」

 

という、改めて考えるとちょっと変わった名前はどうしてそういう名前なのか、

気になったので調べてみました^^

 

「ピン子」という名は父から貰った

img_7458

本名:武本 小夜(本名)、江口 小夜(旧姓)
別名義:三門 マリ子、泉小百合(旧芸名)
誕生日:1947年9月11日(69歳)
出生地:東京都中央区
血液型:B型
身長:154cm
職業:女優、コメディエンヌ、漫談家、歌手
活動期間:1966年 – 現在
配偶者:武本憲重

 

コメディエンヌ、とはいわゆる今の「女芸人」のことですね。

 

img_7464

彼女は元々、「歌謡漫談家」というジャンルの芸人としてデビューし、三門マリ子という芸名で活動していましたが、鳴かず飛ばずの状態が続いていたようです。

 

途中、泉小百合という芸名に変更したりしたそうですが、その後

芸能人であることをずっと反対していたお父さん(浪曲師の広沢竜造)が

芸人にはピンからキリまであるのだから、志しの一番なピンの芸人になれ」と泉に話し、

img_7461

泉ピン子

 

という芸名が誕生!

その後は改名することなく、この芸名でレポーターをしたりテレビドラマに出演したりして、徐々に女優としての頭角を現していったそうです。

 

img_7465

夫はTVにも出るお医者様!子供は居るの?

長い間下積み時代を経て、女優として成功していた時、ご縁に恵まれます。

img_7462

それが、夫は消化器内科医の武本憲重氏です。

この方は、『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』にゲスト医師として出演しているほど有名な方です。

 

img_7472

それ以外にも、妻である泉ピン子が主演したドラマ『女子刑務所東三号棟』の医療監修を行ったりも!

 

夫と出会ったのは40歳くらいの頃。

20代の頃には、あるTV番組で

 

「女優として成功したからには、結婚は諦めている」

「女優と結婚の2つの幸せは求めない」

「出来るならとっくにしている」

 

というような発言をされたこともあったようですが、

なんと「ドクターX」で共演している西田敏行さんが、結婚を後押ししたのだとか!

img_7467

実は長年来の友人だそうですよ!

ドラマでは敵対していますが、そんな関係だったのですね^^

 

ご結婚されたのも彼女が40歳の時だったこともあってか、ご主人との間にはお子さんはいないとのこと。

でも、「子供」はいるそうですよ。

 

どういうこと??かというと。

 

『ご主人の子供』

なのだそうです。

 

ご主人が、愛人(看護師とのウワサ)との間に2人の子供をもうけたそうです。

 

img_7471

泉ピン子の子供、というと「えなりかずき」くんが浮かんでしまう私ですが、

お子さんは女性のようです。

 

そのうちの1人がこの方。

img_7463

「泉沙織さん」というバイオリニストだそう。

血がつながっていないのに、なんとなく雰囲気が似ているような気がするのは私だけでしょうか?

 

まとめ

女優として不動の地位を手にしている泉ピン子さん。

 

img_7459

とはいえ、ブレイクするまでには色々と大変な思いをされたようですし、

実のお母さんは2歳の時に死別し、後にお父さんが再婚された継母さんを本当のお母さんだと思っていたそうで、小学4年生の時にその事実を知って驚かれたとか。

 

ご結婚後も、ご主人の隠し子騒動でも

「私に子供がいないから」

と泣きながら会見されました。

img_7460

 

その人生も、ドラマ並みに波乱万丈だったことが分かりました。

あの鬼気迫る演技は、彼女の人生での努力がにじみ出ているのかもしれませんね。

 

11月23日放送の「1周回って知らない話」に出演されるそうなので、

更に彼女の知られざる一面が分かる可能性がありそうですが、それ以外にも

 

「なんでそんなに偉そうなの?」

 

なんていう恐ろしい質問をぶつけられるようですよ@_@!

大御所女優になんてことを聞くんでしょうか!

 

彼女はその質問に

1回きりの人生だから、嘘をつかないで生きていきたい」と思ったからだと答えていました。

 

元々の仕事が「漫談家」や「コメディエンヌ=女芸人」ですから、

バラエティなどでもトークが冴えている印象です。

 

 

これからも、TVにひっぱりだこで活躍されて行くでしょうね^^