みなさんこんにちは。チェスキーです。

先ほど、残念なニュースが入ってきました。

201305022244003b7

大ヒットした「KNOCKIN’ ON YOUR DOOR」で有名なバンドL⇔Rのボーカル、

黒沢健一さんがお亡くなりになったそうです…。

 

もうあの声が聞けなくなるかと思うと、とても残念です。

もしかしたら、最近の方は知らない人が多いかな?と思いましたので、

是非良さを知って頂くためにこちらでご紹介いたします。

 

兄弟+親友で結成された大人気バンド

20110116_1482337

名前:黒沢健一 (くろさわ けんいち、1968年8月11日 – 2016年12月5日)
出身:茨城県日立市
担当:ボーカル、ギター

 

20101222_4245955

名前:黒沢秀樹 (くろさわ ひでき、1970年8月28日 – )
出身:茨城県日立市
担当:ギター、ボーカル

木下裕晴 (きのした ひろはる、1967年10月11日 – )
出身:東京都出身
担当:ベース

 

56408_200807160615236001216208131c

最初は、黒沢兄弟達が結成したバンド、「ラギーズ」と前身でした。

高校時代からアマチュアバンドを組んでいた兄の健一さんが中心となり、1991年に弟の秀樹さんと、二人と親友だった木下裕晴さんの3人で

「L⇔R」(読み方:エルアール)としてデビューします。

 

名前の由来ですが、

41zrmqmjtcl__sl500_aa300_

  • 記号っぽい物が良いという発想から産まれた物という説
  • オーディオの左右のチャンネルを表す「L」と「R」が目に入ったからと言う説
  • 自分たちの幅広い音楽性を表すためと言う説
  • 結成当時の黒沢兄弟の髪の分け目が左と右だったからと言う説
  • 正式にはLefty in the Rightで、その省略名説

ご本人たちからも具体的な説明はないようですね。

 

ちなみに

Lefty」とは左利きという意味です。

 

 


このバンドの一番有名な曲はこちらでしょう。

江口洋介さん主演のドラマ『僕らに愛を!』の主題歌になったものです。

 

いわゆる「トレンディドラマの主題歌」としてタイアップされ、大人気バンドになります。

 

曲もかなりハイペースで発表し続けます。
①L (1991/11/25/ミニアルバム(限定版))
②Lefty in the Right (1992/04/25)
③LAUGH + ROUGH (1992/11/16)
④LOST RARITIES (1993/06/25)
⑤Land of Riches (1993/12/20)
⑥LAND OF RICHES Reverse (1994/04/25)
⑦LACK OF REASON (1994/10/21)
⑧Let me Roll it! (1995/12/16)

 

ちなみに、気付いた方は居ますか?

最初のアルバム「L」以降は

全てのアルバムの題名にLとRが頭文字の単語が入っている

んですよ!

凝ってますよね☆

スポンサードリンク

突然の活動休止

9枚目のアルバムは、

急にLとRの単語が含まれた題名ではなくなります。

 

Doubt

 

ちょっとドキッとする題名ではありませんか??

 

間伐入れずにアルバムも発売されていましたが、

8枚目から2年後に9枚目はリリースされています。

 

そして、2007年に突然の活動休止!

 

当時は

兄弟の不仲説

がまことしやかにささやかれましたが、

真実はそうではなかったようです。

本当に二人が不仲なら、解散するでしょうしね。

「メインのソングライターは 兄の健一で、

彼がエンジンのようなものだった。エンジンがぶっ壊れちゃったんですよ」と語る。
ある日、今となっては最後となるアルバムを作っていた時に

「途中から兄貴がいなくなっちゃって…」

と弟の黒沢秀樹は当時を振り返った。

その話を兄の黒沢健一に確かめると、

「そこら辺の記憶が曖昧で、 都合よく忘れてる」

と笑いながら答えており、正確には思い出せないようだ。
しかし彼は

「たぶんいなくなりたいっていうか、切羽詰っていたんでしょうね、
自分が」

「これは冷静にならないといけないなと思い、スタジオから 逃げ出した」

と話していることから、人気が急上昇したために
音楽活動に追われて精神的にギリギリの状態だったと思われる。

人気が出すぎて、プレッシャーだったのでしょうね。

L⇔Rの曲作りをしていたなら、その気持ちはなおさらでしょう。

 

その後は、それぞれがソロ活動をしています。

「休止」している状態なので、仲が悪かったわけではなく、

ベースの木下裕晴が今も黒沢健一のツアーを手伝うなど、
メンバー3人の交流は続いているのだ。

黒沢秀樹は兄の健一に L⇔Rの活動再開について

「またやらないの?」

と何度か尋ねるが、 煮え切らないそうだ。

健一は

「みんなでお茶したり、食事するのは平気だけど、 音楽で何をやるかとなると頭が真っ白になる」とその理由を語った。

すこし、パニック障害っぽかったのでしょうか…。

 

z222002219

でも、仲が悪くなった訳ではないようなので、とても安心していました。

 

結婚や家族は?

メンバーは3人ですが、メインボーカルは黒沢健一さんだったため、

ここからは彼についてまとめていきます。

ee776fb59c981acbf6652239622fb753

若いころからカッコイイと人気だったという健一さん。

どうやらご結婚はしていたようで、であればお子さんもいるでしょうね。

48歳でご主人やお父さんが居なくなってしまったら…

本当にお気の毒です><

 

まとめ

o0547036413764078558

12月5日に、永眠された黒沢健一さん

とてもとても残念です。

 

 


この声はもう聞けませんが、弟さんの茂樹さんもボーカルをされ、ソロ活動もされていたので、

o064006401275834098295

これを機に、お兄さんの代わりにヒット曲を歌うことがあったりしないのかな、なんて

ファンとしては期待してしまいます。