みなさんこんにちは。チェスキーです。

本日1月31日は35年ぶりの

奇跡の天体ショーがみられます!

 

その名も

スーパーブルーブラッドムーン

です!

 

何だか必殺技みたいな名前ですが、

れっきとした正式名称なんですよ。

 

簡単にいうと、

特別な皆既月食なのですが

このスーパーブルーブラッドムーンが

起こるのは滅多にないので

ぜひ目にしておきたいですよね!

スポンサードリンク

1月31日のスーパーブルーブラッドムーンとは?

まず、このスーパーブルーブラッドムーン

3つの現象が一気に起きるという

大変珍しい現象なのです。

 

まず、スーパームーンとは、

いつもより月が大きく見えること

 

ブルームーンとは、

1ヶ月の間に2回満月が見えることの

2回目の満月のこと

 

そしてブラッドムーンはその名の通り、

月が真っ赤に見えることですね。

 

この3つが同時に起こるなんて

ものすごい偶然ですよね!

 

そんな奇跡のような天体ショーが

1月31日に起こるのです!

スポンサードリンク

スーパーブルーブラッドムーンが見える時間や場所は?

 

スーパーブルーブラッドムーンは

日本の各地から観測可能です。

本日は晴れていますから

空を見上げれば誰でも見ることができるでしょう。

 

スーパームーンでもあるので

いつもより月が大きく見えるので

観測もしやすいでしょう。

 

見る方角としては、

東南東の空を見るのが良いでしょう

 

肝心の観測時間ですが、

月食が始まるのは

20時48分

 

完全に月が欠ける

「皆既月食」の状態になるのは

21時51分

その状態が1時間ほど続くと考えられています。

 

終了時刻は23時8分ごろで、

そこからは徐々に元の満月へ

戻っていきます。

 

完全に満月になるのはよく2月1日の

午前0時1分です。

 

この皆既月食中に

月が血のように赤い色になるため

ブラッドムーン」という名前が付いています。

 

スポンサードリンク

スーパーブルーブラッドムーンが次にみられるのはいつ?

 

今回のスーパーブルーブラッドムーンは

150年ぶりの出現です。

 

確実に、今生きている人で

前回を見た人はいませんね。

 

では、次回はいつ出現するのか?

 

観測上は、19年後にまた出現するそうですが

天候状態などで必ず見れる保証はないし、

出現しないことも充分あり得ます。

 

なので、見られるならば今回是非見ておきましょう。